> 4、5万の キャッシングをフリーターや自由業の人は借りられるのか?

4、5万の キャッシングをフリーターや自由業の人は借りられるのか?

時代が変わったというか2016年の今はやりたいことで生きていくとかYoutuberといった自由形の人やブログで生きていくというノマドワーカーが増えてきた気がします。

自由業の方は収入が不安定1億の人もいれば月5万もあり得る職業

働き方の環境変化でしょうが、昔はミュージシャンや小説家などアートよりの人達だけがそういった生活を選択していた気がします。あるいみ仕事の「幸せ」とはやりたいことをやっている人が成功者のような気がします。

でもね、いかんせん好きな事だけで生きるお金を手にするのは一握り。一時的に人気が出ると稼ぐ人では年1億円くらいをユーチューブだけで稼いじゃうひともいるとか。稼ぎ切って貯金して勝ち逃げできるならいいですが継続して高額を稼ぐのは一握りであることは間違いないでしょう。家賃や食費を切り詰めて月5万円の稼ぎしかないという人もいるはずです。夢を追いいつかはブレイク!そこだけを追って鳴かず飛ばずで10年たってしまったらどうなるのか。

夢破れた若者たちがいきつくのはどこか?長年同じことを続けてしまい仕事をまったくやっていなかった場合は無職、アルバイト、またはそこで得た知識を生かせる場所があれば就職などでしょう。生かす仕事が無ければ無職は濃厚なのでは。 余計なお世話ですし、実際安定職業が本当に将来安定して給料をもらえるのか?というのも疑問です。前置きが長くなりましたがこういう自由業の方はキャッシングをいくらまで借りられるのでしょうか。“100万円のキャッシング”は障壁高いのですが~5万ならなんとかなるのか?という疑問も多そうですからそこらへん考えていきましょう。

5万円キャッシングに向いている金融機関は?

まず金融機関選びですが、キャッシングできる機関は銀行、クレジットカード、消費者金融、街金など、基本的に100万円の時とさほど変わりません。審査の厳しさも会社によって変わるのでどこが一番ということはないでしょう。

一番簡単に審査が通るという意味では、小規模でやっている街金かもしれませんが、自分が自由業だからと卑屈になるのではなく最初は大手から攻めるのが良いと思います。銀行は一番審査が厳しいと考えていいです。限度額も高額設定ですが基本的に50万以上を借りるのが難しいと考えていいです。金融機関は年収や職業をシビアにみます。正社員であれば問題なく借りれるものも自由業というだけで限度額を低く設定される可能性があります。

クレジットカードは一番審査基準がサービスによって開きがあるといえます。まず年会費を1万、3万とかとるプラチナカードやゴールドカードは審査が厳しいです。年齢制限も35歳以上のエグゼクティブとかちょっとむかつきますけどいっている会社も存在します。こういうクレジットカードは単なるステイタス性を求めている人が持てばいいので無視しましょう。狙いは年会費無料のクレジットカード。

但し最初からリボ払い設定のカードはリボの事をきちんと理解してからにしましょう。5万円のキャッシングというよりもリボは月々3,000円の分割で最終的に5万円を返していくというイメージですのでキャッシングとは異なります。5万円でもかなりの利子がつくのと、現金を手元にキャッシングするわけではないのでお金を使っている感覚が極端になくなるのがリボの欠点、恐怖です。

無難に時間もあまりかけたくないのであれば消費者金融から審査をお願するのがいいのではないでしょうか。即日融資ランキングなどの大手から申込をしていき審査落ちしたら諦めるのが良いかと。