> 100万円借りるなら出来る限り繰上げ返済を

100万円借りるなら出来る限り繰上げ返済を

利息制限法では100万円を借りる場合の上限金利は15%、
ちなみに99万9,999円借りるなら上限金利は18%となりますが、ここでは100万円借りる場合は18%の上限金利として話を進めます。

貸付を行う金融機関はこの上限金利に基づいて金利を設定します、消費者金融などではほとんどの場合が18%、銀行など比較的低金利なところでも10%前後でしょうか?
元金が100万円もあると、こちらでも触れたとおりかなりの金利負担となってきます。

そしてキャッシングの返済では、借り入れ金額によって最小返済額が設定されていますが、
特に100万円のような大きな金額の場合には、この最小返済額に甘んじて返済を続けた場合、総返済金額は大きく、返済期間も長くなってしまいます。
高額借り入れ、高金利の場合には出来うる限り繰上げ返済をして、少しでも早く元金を少なくするよう心がけることが、より返済負担を少なくすることができるわけです。

最小返済額が小さすぎないものが良い

とはいえ繰上げ返済は、自分の意志でするものですから、ついつい最小返済額に甘えてしまいたくなるものです。そういった意味では、最小返済額を比較してあまり小さいところから借りないというのもひとつの手段です。

また最小返済額の設定が細かく設定されている場合も元金の減りが遅くなる傾向、つまり総返済額が大きくなる傾向にあります。

月々の負担が小さいのは魅力ですが、100万円という金額を返済するとなると、やはりそれなりに大きな金額ですからしっかりと比較検討することが重要です。

おまとめローンは追加借り入れができない?

追加借り入れをすると元金を増やしてしまいますから、基本的に利用しないぐらいの気持ちをもって借りるのがベストです。

多くのおまとめ用のローンでは、複数のローンをまとめるべく最初にドンと借りて、
その後は追加での借り入れができないものが多いです。こちらのほうが最終的には返済金額を小さくすることが出来るといえます。
しかし中にはおまとめと同時に追加での借り入れができるタイプのものもあります。(もちろん限度額の範囲内で)

できるなら追加での借り入れはしないほうが良いのは当然ですが、せっかくまとめたのにまた別に借りるということになるよりは、ひとつの借入れ先にしたほうが良いともいえます。このあたりは利用者の状況によって計画的に選ぶようにしたいですね。