> 借り手に一方的に有利となる借り換えについて考える

借り手に一方的に有利となる借り換えについて考える

借入れを年収の3分の1までに制限する総量規制が導入されたのは、
2010年の貸金業法改正の時。ほかにもグレーゾーン金利の撤廃(上限金利の引き下げ)など、貸金業界にとっては非常に大きな変革となりました。

銀行は貸金業ではありませんので、
総量規制の対象外とされていることは周知の通りです。

消費者金融などの貸金業者において総量規制の例外とされている「借り手に一方的に有利となる借り換え」、つまり借り換えやおまとめ目的の借入れで、それまでの借入れ先と比較して月々の返済額や、全体の総返済額が減額できる場合であれば、総量規制の例外となるわけです。

しかし、銀行と比べると消費者金融のほうが、高金利となってしまうことがほとんど。
もともとの借入れの利率よりも低い利率であったり、返済方法の違いなどがないと、
消費者金融の借入れを、消費者金融で借り換えもしくはおまとめというケースは、
難しいともいえます。利率も低く限度額も大きい、銀行が用意しているおまとめ・借り換え用ローンの方が、どちらかといえば適しています。
こういった理由からか?この借り手に一方的に・・・という条件は、今一歩浸透していない感があるのは否めません。

総量規制という足かせ

総量規制は借りる側から見れば、「借りたくても借りられない」
貸す側から見れば、「貸したくても貸せない」足かせのようなもの。
もしも例外とされる条件が整えば、仮に年収の3分の1を超えていても
「借りられる」「貸せる」のが例外なわけです。

しかし、貸す側から見て「貸したくても貸せない」⇒「貸せる」のならば
個人的には借り手に一方的に有利というよりも、借り手にも貸し手にも有利なのではないかとも思えますが、おまとめや借り換えを検討している利用者は、既に借入れがあるということですから、借入れがまったくない場合と比べるなら返済能力に乏しい可能性もありますから、やはり借り手のほうが一方的に有利であるともいえるのではないでしょうか。

キャッシングは需要と供給

消費者金融であるか銀行であるかに関わらず、お金を貸すことで利益を得るサービス、
つまりキャッシングを含む融資サービスでは、貸す側は出来る限り多く貸したいというのが本音。多くのお金を長い期間貸せば貸すほど、多くの利益となる仕組みになっています。
ただしきちんと返済できるかどうかは重要なポイントとなってきます。

また、借りる側から見ても必要なときにお金を貸してくれるサービスは、利息を支払ってでも利用する価値があるといえます。貸す側と借りる側はこういった需要と供給の関係にあるわけです。

ちょっと話が逸れてしまいましたが、まとめますと「借り手に一方的に有利な借り換え」となることが、おまとめ・借り換えのための借り入れとして総量規制の例外とされるほか、
銀行において多く用意されているおまとめ・借り換えローンであれば、もともと総量規制の対象外なので、借り手に一方的に有利であるかどうかは関係ないものであるということです。キャッシングを利用するのならば、覚えておいて損はありません。