> 2社目とカードローンの審査と自主規制の関係

2社目のカードローンの審査と自主規制の関係

カードローンの件数制限においては消費者金融などが
自主規制で3社ルールを敷いていますが、あくまでも自主であり、
中小の金融会社で返済能力に応じて3社以上と可能と
しているところもあります。

ただし、3社以上の利用となると銀行や大手の消費者金融では厳しいのが現状です。
これが2社目となると、事情は異なります。

2社目は融資可能な場合が多い

大手の消費者金融の簡易検査でも2社目は融資可能という推定表示が出ます。
2社目ということは借り入れは現状は1社のみなので、
自主規制には該当しないということになります。

カードローンで重視されるのが総量規制

その代わりに消費者金融や信販会社のカードローンで重視されるのが総量規制です。
1社で50万円、2社で限度額50万円となると総借り入れ金額は100万円となります。
総量規制の関係で借り入れ金額が100万円となると年収は300万円となります。

年収の3分の1以内という規制の中では契約金額にも多少影響することも考えられ、
クレジットカードのキャッシング分も含めると契約金額は抑えられる傾向があります。

また、同じ総量規制の中では2社で100万円となると
収入証明書が必要となる点も気をつけたい点です。

これが総量規制の掛からない銀行のカードローンとなると
年収の制限を受けません。

銀行カードローンについて

信販会社がついている点をみると、2社目の利用は審査に時間が掛かることも出てきます。
カードローンの件数を巡る中で注視したいのは利用と契約です。
カードローンを利用している場合は件数に含まれますが、
契約しているだけで利用していなければ件数に含まれないこともあります。
つまり、クレジットカードのキャッシングを利用していなければ、
件数に入らないことにもなるのです。
完済している場合も同じことが言えます。
完済したカードローンも一定期間、信用情報機関に情報が登録されています。
これも利用ではないので件数には含まれず、
現在進行中のカードローンだけが審査の対象となります。