> 借り換えローンとおまとめローンの違い

借り換えローンとおまとめローン

消費者金融のキャッシングや、銀行の各種ローンの返済で苦しんでいる方というのは、
結構いらっしゃいます。当初は返済できると思っていたが、
収入が減少したり、雇用が不安定となったりして、
計画通りに返済ができなくなるというケースです。
そんなときには、古いローンやキャッシングを、
新しいローンで借りると、お得になることがあります。

そんなローン商品の代表格といえば、借り換えローンとおまとめローンというものです。
どちらも、古いローンから新しいローンに借り換えをするという点では、
同じような性質がありますが、両者には違いもあります。

おまとめローンについて

まずおまとめローンですが、これは名前の通り、
借金をまとめることを目的としております。
つまり、もともとの借金は複数存在するということになります。
おまとめローンを利用するケースとして多いのが、
消費者金融のキャッシングで、複数の借入をしている人が、
一本化して借り換えをするというケースです。

特に消費者金融のキャッシングは、借り入れ金額が少ないほど、
金利は高めになります。少額で複数のキャッシングを利用すると、
結果的に高い利息を支払うことになります。

借り換えローン

一方借り換えローンの場合、一般的に借金の件数は一件ということになります。
一件の借金であっても、それが高金利の場合にはやはり利息を多く支払うことになります。
それならば、借り換えローンの低金利ローンを利用して、
利息の支払いを少なくしようというものです。

高金利で返済が不可能となることが予測される場合、ケースバイケースでは
ありますが、借入が住宅などの場合マンション 査定で売ってしまうというのも
視野に入れても良いかもしれません。理由は、先も言った通り高金利であれば
の話です。超低金利の住宅ローン借り換えができるのであればそのまま変えたほうが
得でしょう。しかし、微妙な金利でとか、現在の金利を再確認し返済がいつになるかと
住宅の価値の目減りを考えたほうが無難ということもあります。
これは、状況が色々とあるケースなので呼んでいて「?」が浮かばない人向けに書いています。