> 100万円借りるときの心構え

100万円借りるときの心構え

例えば、住宅ローンで1500万円借り入れる場合なら、
購入した住宅そのものが担保になるわけですが、
100万円をキャシングで借り入れるときは当然無担保です。

どちらのほうが審査が厳しいかはなんともいえませんが、融資する金融機関側からみたら
担保なしでの100万円融資のほうが、貸し倒れのリスクとしては大きいのではないかと思います。
そういった意味でも、100万円を借りるとなるとそれなりの覚悟が必要なのではないでしょうか?

銀行のカードローンでは商品のスペックとして、限度額が800万円とか1000万円とか、
かなり高額なものもありますが、もちろん誰もがこの限度額まで借りられるわけではなく、
それぞれの利用者の属性によって限度額が決定されます。
貸金業者のように総量規制に縛られることはないものの、高額借入になってくると、
収入についてもそれなりに評価対象となってくるのもいうまでもありません。
借入れ先にもよりけりな上、100万円の借入の場合には
収入証明書類の提出が不要なケースが多いですが、
やはり申し込み段階で収入的に厳しい場合には、審査通過は厳しいものとなります。

だからといって申し込み時に年収を多く偽って申告するのはやめたほうがいいです。
キャッシングの利用が初めてという場合でも、何がしかの個人情報が信用情報機関に
登録されていると思っておくべきです。
最近ではほとんどの人がクレジットカードを所有していますが、
この申し込み時などにも登録されていることが多いようですから、
この虚偽申告が原因となって審査に通らないということも考えられます。

裏を返せば、正直に申告した上で審査に通過できたのであれば、
金融機関として100万円を融資しても大丈夫な人だと認定されたようなものです。
気持ち的にも楽に返済してゆけるというものです。

審査落ちしてしまった場合には

さて、1社に申し込みをして審査に落ちてしまったなら、あなたならどうしますか?
借りるお金の使用目的や、どれだけ必要なお金かは人それぞれですから、
ここでは単に100万円を借りられるか、という点に絞って考えてみたいとおもいます。

一度申し込んで審査落ちしてしまったなら、再び申し込みを行った際に、
信用情報には1度目の申し込み履歴についても登録されています。
なので、2社目ではよそで否決となってうちに来たんだ。とわかります。
これが不利となるかどうかは、2社目の判断によります。
連続申し込みで絶対に落ちるとも、受かるともいえません。
つまり申し込んでみる価値はあるといえます。

例えば、1社目と比べて審査の甘い業者に申し込むことができるなら、
2社目で融資可能となる可能性も高くなってきますね。銀行⇒消費者金融という順で
チャレンジしてみるものアリかもしれません。ただし総量規制が絡んできます。

1社から100万円全額を借りるのではなく、50万円づつ2社から借りる
というのもひとつの手段です。この借り方だとそれぞれの審査も多少甘くなる可能性があります。
ただし金利面でも返済負担という面でも、苦しくなってしまうのは避けられません。